2006年12月06日

NEW BOAT テスト入荷 !

本日 ぴかぴか(新しい) NEW BOAT ぴかぴか(新しい)

TORO ・ TORETO

テスト入荷しました!

SHORTY350 の後続モデルです。

DSCF0224.JPGDSCF0216.JPGDSCF0221.JPGDSCF0222.JPGDSCF0228.JPGDSCF0232.JPG
posted by  ZOKEN at 13:54| Comment(6) | TrackBack(0) | カヌー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回のNEW BOAT、TORETOのインプレッションを書いてみました。

TORETOに興味を持った方、一度読んでみてください。


http://itannjiteppei.blog.shinobi.jp/Entry/60/
Posted by 加藤 哲平 at 2006年12月10日 22:47
哲平君 細かい紹介ありがとう!

ますます頑張って下さい!!!

Posted by 造研 at 2006年12月11日 13:21
Toro の感想です。
1)乗り降りが圧倒的に楽になりました。コーミングフープが大きくなたのと、重量級パドラー用なのでコクピット回りの高さがあるためと思います。殆どの競技選手の皆様は裸足で乗られますが、この艇はパドリングシューズを履いたまま乗れます。Toroはとっさに降りてレスキューにあたる可能性のある、ジュニア等の指導者の方々には競技艇でありながらイントラ艇としても最適と思います。一刻を争うとき、裸足やサンダル履きでは河原や岩場で素早く移動出来ないと思います。また、浮力の余裕は乗艇レスキューにも適してると思います。
2)コクピット内部が広いのでペダル部分の長い可動式ストレッチャーや1本棒(木の棒)のストレッチャーを付ければ足を揃えて漕ぐ事が出来ると思います。現状(普通のストレッチャー)でも少しゆるめのストレッチャー位置でもフォワードで踏ん張りが効きました。
3)ボリュームがあるのでスターンが刺しにくいと主追いマスタが飛行機の翼で居るところの失速を起こしたり、浮力で弾き出されたりせずスムースで安定感抜群でした。
4)やはりコクピット回りのボリュームが大きいのでサーフィン性能が良い様です。ポリ艇と一緒に遊んだら楽しそうです。しかしシビアにレースを追求される選手の皆様はこのため、小さなホールでもそのままつっこむとタイムに影響するかも知れませんので、こまめにホールは避けた方が良いのでしょうか。
Posted by 武田俊輔 at 2006年12月18日 12:58
訂正です。
誤:「主追いマスタ」
正:「思いました」
失礼しました。
Posted by 武田俊輔 at 2006年12月18日 13:02
すみませんまた誤字の訂正です。

誤:「居るところの」
正:「言うところの」

でした。
Posted by 武田俊輔 at 2006年12月18日 18:53
すみませんまた誤字の訂正です。

誤:「居るところの」
正:「言うところの」
でした。
Posted by 武田俊輔 at 2006年12月18日 18:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。